So-net無料ブログ作成

立川支部検事を懲戒処分=事件被害女性と交遊−東京地検(時事通信)

 東京地検は31日、同地検立川支部の男性検事(35)が、事件の被害者女性と不適切な交遊関係を持ったとして、減給100分の10(3カ月)の懲戒処分としたと発表した。検事は同日付で辞職した。
 地検によると、検事は職務上の必要がないのに、公判を担当する刑事事件の被害者女性と飲食するなどの交遊関係を持った。
 東京地検の話 誠に遺憾で、国民に深くおわびする。事件関係者との交遊は厳に慎むよう指導を徹底し、再発防止に取り組む。 

首都圏JR 架線トラブル 一時大混乱 4700人が列車内すし詰め(産経新聞)
火振り神事 炎の輪、浮かぶ 阿蘇神社(毎日新聞)
7都県で偽一万円札使用か=特徴似た151枚発見−行使容疑で3人逮捕・警視庁など(時事通信)
<足利事件>菅家さん無罪判決 被害者遺族は事件風化に懸念(毎日新聞)
副操縦士からアルコール、福岡発全日空便に遅れ(読売新聞)

<爆発>建設中のごみ処理施設で 4人重傷 4人けが 姫路(毎日新聞)

訃報 大森実さん88歳=ボーン・上田賞のジャーナリスト(毎日新聞)

 【ロサンゼルス吉富裕倫】ベトナム戦争報道を指揮するなど国際事件記者として知られた元毎日新聞外信部長のジャーナリスト、大森実さんが25日午後(日本時間26日午前)、米カリフォルニア州南部ミッションビエホ市の病院で肺炎のため死去した。88歳だった。

 葬儀・告別式は家族による密葬を行う予定。喪主は妻恢子(ひろこ)さん。

 大森さんは、1922年神戸市生まれ。神戸高商(現兵庫県立大学)卒業後、いったん日本窒素肥料(現チッソ)に入社したが、終戦を機に毎日新聞に入社。大阪社会部からワシントン特派員となり、同支局長、外信部長を歴任した。1960年度のボーン国際記者賞(現在のボーン・上田記念国際記者賞)を受賞。ベトナム戦争の企画「泥と炎のインドシナ」で65年度の新聞協会賞を受賞したが、米軍による北ベトナム空爆報道をライシャワー駐日米大使に非難された。

 66年に退社した後も、ジャーナリスト活動を続けた。カリフォルニア大アーバイン校歴史学部の教授も務め、「戦後秘史」全10巻、「人物現代史」全13巻、「ザ・アメリカ勝者の歴史」全10巻など多数の著作を残した。

【関連ニュース】
<ニュースボックス>1965(昭和40)年2月7日 米国、北ベトナムの爆撃開始
<昭和毎日>1968(昭和43)年 米原子力空母エンタープライズが佐世保入港
<今、平和を語る>ジャーナリスト・前参議院議員、田英夫さん
<ことば>ベトナム戦争

生方副幹事長 「通常異動」で解任へ 民主 不服申し立て封じる(産経新聞)
空自談合指摘の内田洋行、学力テスト落札へ(読売新聞)
DNA再鑑定から無罪まで…菅家さんの言葉(読売新聞)
<戸田市長選>神保国男氏が4選(毎日新聞)
<立山黒部アルペンルート>雪原にくっきり「蛇」(毎日新聞)

伊丹空港廃止、箕面市議会が決議の見通し 地元3市の差際立つ(産経新聞)

 大阪府の橋下徹知事が廃止論を唱えている大阪(伊丹)空港をめぐり、空港周辺の府北部3市で対応が分かれている。箕面市議会では、関西国際空港のハブ化促進とともに、中長期的には伊丹を廃港にするよう国と府に求める決議案が可決される見通し。対して豊中市議会では、伊丹存続を盛り込んだ決議案が全会一致で可決される方向となった「(知事構想に)乗るのもあり」と、市長が条件付きで賛同する池田市と相まって、三者三様の思惑が表面化してきた。

 府北部3市は、兵庫県伊丹市や尼崎市などとともに、大阪国際空港周辺都市対策協議会(11市協)を構成しており、過去、伊丹空港の騒音対策などでは足並みをそろえてきた。

 だが、箕面市議会では「伊丹廃止」の文言を盛り込んだ決議案が自民、民主、公明3会派の賛成多数で25日に可決される見通し。「市単独の利便性を主張し続けるよりも、関西圏全体が浮上する将来像を目指すことが将来世代に対する政治責任」として、「住民個別の賛否にとらわれず、中長期的に伊丹を廃港する」と明記する方向だ。

 決議案には、府北部から関空へのアクセス改善要望も盛り込む。橋下知事は2月に開かれた市議会との意見交換会で、「廃止を決議するなら(豊中市以南と大阪都心を結ぶ)北大阪急行の延伸を全力で後押しする」と提案しており、この言葉を受けた内容となっている。

 一方、豊中市議会では、伊丹空港の存続と空港を生かした地域活性化の続行を確認する決議案が25日に可決される公算。従来の主張を繰り返す内容だが、伊丹廃止の議論が熱を帯びる中、改めて議会の意思を示す必要があると判断した。

 会派間の調整で、議長声明にとどめる意見もあったが、箕面市議会が「廃止」を盛り込んだ決議を用意していることが伝わり、“対抗措置”として決議案にすべきとの方針で一致した。

 また、池田市の倉田薫市長は、伊丹空港について「廃港はリニア整備が前提で20年以上先の話。その間に短距離国際線も飛ばしてフル活用するのなら、知事構想に乗るのもありだ」とたびたび発言。ただ、市長の考えに賛否を示した市議会会派は今のところない。

 3市の中では、箕面市議会が廃港に一歩踏み込む一方、豊中市議会は「待った」をかけ、両市間に溝ができた形。倉田市長は箕面市議会の方針について「決議は想定できた」と冷静に受け止めている。

【関連記事】
伊丹空港廃止、大阪府議会でも決議案の動き
伊丹空港の制限緩和 「まずジェット機枠」 兵庫県知事 
「伊丹空港廃止」をめぐり5決議案 府議会会派、足並みバラバラ
揺れる日本の航空・空港政策 ハブ化が停滞
伊丹空港問題 橋下知事の話は竜宮城的?

能古島切断遺体 尻に複数のあざ 他の部位を捜索(毎日新聞)
鳩山邦夫氏、与謝野元財務相らと短時間会談(読売新聞)
首相、危うい「県外固執」 腹案は「徳之島」 米側、難色示す可能性(産経新聞)
<警視庁>異例の捜査1課長を解任 女性トラブルで(毎日新聞)
鳩山首相、ガス田問題で「東友愛の海にする努力必要」(産経新聞)

押尾被告に麻薬譲渡、泉田被告に懲役1年判決(読売新聞)

 保護責任者遺棄致死罪などで起訴された元俳優・押尾学被告(31)に合成麻薬MDMAを譲渡したとして麻薬取締法違反(譲渡)に問われたネット販売業泉田勇介被告(31)に対し、東京地裁は12日、懲役1年(求刑・懲役1年6月)の実刑判決を言い渡した。

 田村政喜裁判官は「押尾被告から執拗(しつよう)な要求があったにせよ、違法薬物の害悪を拡散させた責任は軽くない」と述べた。

 判決によると、泉田被告は昨年7月31日、東京・六本木のマンションで押尾被告に合成麻薬約10錠を譲り渡した。

 押尾被告はこのマンションで昨年8月2日、合成麻薬を服用して容体が急変した女性に救護措置を取らずに死なせたなどとして起訴された。現在、公判前整理手続きが進められており、女性への合成麻薬の譲渡や保護責任者遺棄致死罪について無罪を主張している。

実朝暗殺を目撃?鶴岡八幡宮のイチョウ倒壊(読売新聞)
<ソメイヨシノ>福岡で開花…陽気に誘われ(毎日新聞)
<雑記帳>豊後水道の魚は“億ション”暮らし 大分・津久見(毎日新聞)
東急田園都市線がストップ 週末の帰宅客に影響(産経新聞)
新幹線あわや…ドラム缶爆発、日本新薬3社員あすにも書類送検(産経新聞)

国民的アイドル、影響大…ペコちゃん盗に求刑3年(読売新聞)

 洋菓子店「不二家」のペコちゃん人形を盗んだとして窃盗と同未遂罪に問われた大阪府四條畷市、解体作業員池田興應(おきまさ)被告(38)の論告求刑公判が11日、和歌山地裁(国分進裁判官)であった。

 検察側は「持ち出しや売却を担い、常習的な犯行」として懲役3年を求刑した。

 起訴状によると、池田被告は2008年12月30日〜09年2月12日、和歌山など2府2県の不二家で、ペコちゃん人形計7体(約40万円相当)を盗み、同1月3日、大阪府岸和田市で1体を盗もうとしたとされる。

 被告人質問で、池田被告は犯行を思い立った経緯について「週刊誌で高値で売れると知った」と話した。検察側は「国民的アイドルといえるペコちゃん人形を窃取した犯行の社会的影響は無視できない」と主張。弁護側は「深く反省している」と訴えた。

農相「今までの対応がシー・シェパードを増長」(読売新聞)
エコで長持ち 家庭用LED電球 寿命は白熱電球40個分…売り上げ好調(産経新聞)
<NEC部長自殺>業務と関係と労災認定 東京地裁判決(毎日新聞)
鳩山政権半年、支持率低迷で閣僚に悔しさにじむ(読売新聞)
刑訴法改正で時効撤廃 閣議決定(産経新聞)

インフルエンザウイルス迅速診断キットを共同販売―塩野義製薬(医療介護CBニュース)

 塩野義製薬は、ミズホメディーが2004年から製造・販売しているインフルエンザウイルス迅速診断キット「クイック チェイサーFlu A、B」を3月8日から発売した。塩野義製薬では、1月末から販売を開始しているインフルエンザ治療薬ラピアクタと共に販促を行い、「診断から治療までを通じて、患者のQOL(生活の質)改善に貢献したい」としている。

 「クイック チェイサーFlu A、B」は、▽インフルエンザAウイルス抗原とBウイルス抗原の判定・確認ラインが左右に分かれて判別しやすい▽抽出容器にくぼみがあり、試薬調製時の検体抽出の操作がしやすい―などの特長がある。価格は1箱10回用で1万1000円(税抜き)。


【関連記事】
膣委縮症治療薬でライセンス契約―塩野義製薬
インフル治療薬ラピアクタの小児適応を申請―塩野義
国内医療用医薬品の不振も、大幅な増収増益―塩野義製薬
経口投与困難ならラピアクタを―日本感染症学会が提言
新規インフルエンザ治療薬ラピアクタを発売―塩野義製薬

鳩山・小沢会談が終了(産経新聞)
新薬創出加算の対象は337成分624品目、目立つ外資系(医療介護CBニュース)
<入れ歯安定剤>自主回収 健康被害の恐れ(毎日新聞)
木村伊兵衛写真賞に高木こずえさん(時事通信)
費用負担、公費めぐる意見多数−高齢者医療制度改革会議(医療介護CBニュース)

愛子さまご欠席 野村一成東宮大夫の会見一問一答(上)(産経新聞)

 野村一成東宮大夫は5日の定例記者会見で、敬宮愛子さまについて、次のように述べた。

 野村一成東宮大夫 宮さまについてですが、先週の始めに、お風邪気味で37度の微熱が出て、ご体調が優れず、先週の通学も不規則でした。今週に入ってから、お風邪気味はご回復されたが、ご通学に際しまして、腹痛などのご体調の不調とともに、強い不安感を表明されることがございましたので、私どもは、学校(学習院初等科)と協議しつつ、原因を調べました。これは学校の了解を得た上でお話ししますが、同じ学年の別の組に、乱暴なことをする児童たちがおりまして、宮さまを含め、ほかの児童に乱暴していることが原因であるということが判明しました。宮さまにおかれましては、今週のご通学は、ほとんどされていません。しかし、学年末で、ご通学をされたいという強いお気持ちをお持ちでございます。学校では早速、対応策を講じておりますので、これらの対策が効果を発揮することにより、不安感が払拭(ふっしょく)され、通学が可能となるよう願っておる次第でおります

 −−お風邪は完全に治ったのか

 野村東宮大夫 そう申し上げました

 −−他のクラスに乱暴する子がいるというのは、具体的には言葉なのか、手が出たのか

 野村東宮大夫 乱暴なことというのは、いろんなことがあるだろうが、宮さまだけでなく、他の児童にもということで、全体像を把握しておりませんので、具体的に申し上げるのは控えます

 −−男の子ですか、女の子ですか

 野村東宮大夫 私が聞いているのは、男の子ですが、そこは、学校が調査していますので、断定的にいうのは控えます

 −−他の児童の中にも、不安感を覚えたり、学校に行けなくなっている子はいるのか

 野村東宮大夫 今回の乱暴うんぬんの話について、他のみなさんはどうなっているのか、同じ学年で7、8人のご父兄に照会したことがあります。みなさん、それぞれ、問題を表明されておられます

 −−同じように休んでいる子がいるのか

 野村東宮大夫 そのへんのことは、私は知りません。学校側と了解を得た上で話しているが、学校に代わって話しているのではない。公のお立場にある宮さまのご様子をお知らせする、その過程で、一週間まるまる学校にお出ましになっていないと。その関連でお話ししているので、学校がどうのこうのという話ではない。話すことの了解はとったが、宮さまのご様子の一環として話している

 −−どういうことに不安を覚えているのか

 野村東宮大夫 ご本人が経験されたことだけではないと思う。細かいことは直接把握してませんが、いろんなことがあるのだろう

 −−宮さま本人が被害とか、おけがをされたりはしたのか

 野村東宮大夫 本人も乱暴なことの対象になっているのだと思う。具体的に私が話すのはやめておきます。

 −− けがはされているのか

 野村東宮大夫 宮さまについては、ありません。他の児童については把握していません −−乱暴しているのは一人?

 野村東宮大夫 私は児童たちと申しています

 −−乱暴といった場合に、人によって抱くイメージが違って、すごい大変なことから、軽いいたずらまで、乱暴と書いた場合に、すごく深刻にとるケースがある。何をしたのか 

 野村東宮大夫 私は学校に代わって話しているのではないので、必要に応じて、学校に聞いてくれとなるのかもしれないが、私の立場では、よほどしっかり把握したうえでないと話せません

 −−先週休んだのは風邪でいいのか

 野村東宮大夫 風邪がらみの話であったことは間違いない

 −−今週、ほとんど通学していないとは

 野村東宮大夫 一回だけちょこっと。でもその際に、何かあったのでしょう。次の日からは休んでいる

 −−今日も休んでいるのか

 野村東宮大夫 今日もです。今週の始めに1時限だけ出て、ご通学としては、それが一回だけでしょう。残念ですが

【関連記事】
愛子さまが「乱暴」で学校お休みに
学習院が会見「直接暴力行為はなかった」
皇太子さま「国民の中に入っていく皇室」を作ることが必要
愛子さま、8歳に 「生き物」への強い好奇心
愛子さまガッツポーズ リレー代表選手、チームが一位に

朝鮮学校関係者と面会検討=鳩山首相(時事通信)
新年金制度の議論スタート=関係閣僚、初会合−政府(時事通信)
トルコ人助教の博士号取り消し=論文に盗用−東大(時事通信)
しだれ梅 700本が歩道を包み 名古屋(毎日新聞)
性同一性障害児童・生徒抱える学校の苦悩 トイレや着替え場所、名前の変更…(J-CASTニュース)

<多重追突>1人死亡1人重体 栃木・東北道(毎日新聞)

 2日午前4時半ごろ、栃木県佐野市関川町の東北自動車道下りで、さいたま市大宮区、運転手、和田年郎さん(58)のトラックに栃木県下野市谷地賀、同、佐藤広之さん(40)のトラックが追突。さらに後続のトラック2台も相次いで追突した。

 県警高速隊によると和田さんが間もなく死亡したほか、後続のトラックを運転していた群馬県桐生市の四辻茂雄さん(48)も意識不明の重体。東北道下りは同4時45分ごろから佐野藤岡インターチェンジ(IC)−栃木IC間が通行止めになった。【吉村周平】

【関連ニュース】
名古屋ひき逃げ:自動車盗容疑で再逮捕 ブラジル人の4人
交通事故:ひき逃げされる?男性死亡 東京・東大和市
ひき逃げ:タクシーに引きずられ女性重傷 運転手を逮捕
事故:無人トラック、民家の塀に衝突 坂道を下り 横浜
名古屋ひき逃げ:同乗の3人、処分保留へ

愛子さまが通学せず=学校生活、不安訴え−宮内庁(時事通信)
「普通の人」の犯罪防げ=万引き対策で初の会議−警察庁(時事通信)
あかつき、5月18日打ち上げ=金星探査機、H2Aで−宇宙機構(時事通信)
1人区勝利に自信=小沢民主幹事長(時事通信)
ナマコに感謝、園児が200個を海に…石川(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。